ホーム > むち打ちの症状

むち打ち治療に対しての誤解

「交通事故の怪我の治療は整形外科や病院だけしか受けれない。」
・・・と思っていませんか?
「むち打ち症は軽い症状なので放っておいても大丈夫。」
・・・と思っていませんか?

上記は大きな誤解です!!
軽いむち打ち症であってもきちんと根本から治療することが必要です。


接骨院でも自賠責保険や任意保険を使って交通事故の治療ができます。
多くの病院や接骨院でも交通事故後の治療は行っていますが、専門で行なっているところは珍しいです。

交通事故の専門家

交通事故によるむち打ち症や後遺症に悩む患者様へ
さくら堂接骨院は厚生労働省認可の接骨院の為、
整形外科や病院、その他接骨院等からの転院が可能です。


現在、整形外科や総合病院、その他接骨院などに通院されている患者様でも
さくら堂接骨院への転院が可能です。
治療の途中でも保険会社との面倒なやり取りなどは一切不要で転院が可能です。
保険会社との手続きなど、面倒なことはさくら堂接骨院が行うため、
患者様は治療に専念していただけます。

交通事故の専門家

むち打ちとは?

むち打ち むち打ち症とは、
交通事故などの衝突や追突、急停車などにより頭が激しく動くことで、頚部などに障害が出てしまう症状を指します。
「むち打ち症」は,正式な傷病名ではありません。
正式な名称は「外傷性頸部症候群」や「頸椎捻挫(けいついねんざ)」などとも呼ばれます。

「むち打ち症」という名前を単純に思い浮かべると、ムチで強くたたかれたときにできる外傷など想像してしまいがちですが、
本来「ムチ振り症」とでもいうべき症状となり、胴体の上にやや不安定な状態で乗っている重い頭が、強い衝撃により、ムチを振り回し、しなった時のようなS字形の動きを強いられ、それにより、様々な症状(頭痛、めまい、吐気、手先の痺れ)などが出てきます。

自動車での交通事故、特に追突や衝突による場合にこの症状が出やすいです。
俗にいう、おかまをほる。という状態ですと、むち打ち症になるケースが多いです。
その他、労働災害やスポーツ障害によるケースもあります。
たとえば、サーカーやラグビー、フットボール等のコンタクトスポーツでの怪我です。
 

分類・症状

頚椎捻挫型

頚椎の周りの筋肉や靭帯などの損傷で最も多いとされ、
むちうち症の患者様のおよそ8割を占めていると言われています。
首の後ろの痛みや肩の痛みは、首を伸ばすとさらに強くなってしまいます。
また、首や肩の動きが制限されて、それ以上動かすことが出来ないこともあります。

根症状型

頚椎に変化があったり、歪みが出来てしまうと、神経が圧迫されて痛みの症状がでてしまいます。
首の痛みだけにとどまらず、だるさ、後頭部や顔面に痛み、腕の痛みやしびれなどが現れることもあります。
咳やくしゃみをしたり、首を動かしたりするとさらに症状が強まります。

バレ・リユウー症状型

後部交感神経症候群という呼び方もされます。
血行をつかさどる交感神経が損傷してしまったり、椎間板や筋肉の圧迫により、
頚椎に沿って走っている椎骨動脈の血流が低下することが原因と言われています。
頭痛やめまい、吐き気や耳鳴りなどの症状が出てきます。

脊髄症状型

頚椎の脊柱管を通る脊髄が損傷することにより、下肢に伸びている神経が傷つき、
下肢のしびれ等が起こってしまい、歩行に支障をきたすようになることがあります。
また、稀に尿や便が出にくくなるケースもございます。

予防

むち打ち症は基本的に予防することが難しいとされていますが、
不幸にも自動車事故に遭ってしまった場合は、なるべく早急に診察を受けるようにしましょう。

交通事故の直後に自覚症状がなかったとしても、
2~3日後から症状が出てくることもあります。
放置すればするほど回復までの期間は長引いてしまう可能性があります。
また、むち打ち症は、シートベルトを正しく装着した上で、
きちんとした姿勢で乗車すればある程度防ぐことができます。

交通ルールを守ることも自分の見を守る大事な要素です。