ホーム > その他身体の悩みご相談下さい

ご注意点

肩・首 腰 膝・足 スポーツ障害・外傷

肩・首

肩こり

肩こりを感じるときは、良くない姿勢、ストレスや長い時間同じ姿勢でいることなどにより、筋肉が緊張し、肩こりを感じます。
さくら堂接骨院では、症状に合わせてピンポイントで肩甲骨周囲の凝り固まった筋肉を刺激していき、肩こりのつらさを和らげていきます。 

 
寝違い
寝違いの痛みを感じる時は、寝ている時に、首に無理な負担がかかった状態のまま長い時間同じ姿勢で寝てしまったり、
頚椎やその周りの筋肉に負担がかかり過ぎてしまい、炎症が発生し、痛みを感じます。
炎症がひどい際は、まず氷などで冷やし、炎症が治まってきたら、固まってしまった関節や筋肉を元に戻していきます。
五十肩
五十肩は別名で"肩関節周囲炎"と言われ、肩周りの筋肉、靭帯などに炎症がおきている状態です。
腱板と呼ばれる筋肉や腱が原因とることが多く、症状により軽いものから改善に非常に時間のかかるものもあります。
肩関節周囲の動きを良くするため、さくら堂接骨院では手技を中心として関節に運動を加えて肩関節が動きやすくなるポイントをケアしていきます。

腰痛
一言で腰痛といっても腰痛にも様々な種類の腰痛があります。
さくら堂接骨院では検査や触診、動きの確認をし、痛みを起こしている根本の原因を見つけ出し、その症状に合わせたポイント治療を行っていきます。
内臓疾患からくる腰痛もありますので、大丈夫だろう。と自分で判断せずに早めの受診をおすすめいたします。
ぎっくり腰
ギックリ腰は腰を捻ったり、重い物を持ち上げた時に、腰に強い痛みを感じます。
重症の場合、全く動けなくなることもあります。
炎症の強い場合はまずは炎症を抑えることが重要なので、患部を冷やしていきます。
その後、手技もしくは治療器具により腰周りの関節や筋肉に適度の刺激を加えて施術をしていきます。
腰椎椎間板ヘルニア
椎間板ヘルニアとは、腰の骨と骨の間にある「椎間板」が正常な位置から飛び出してしまい、
神経を圧迫することで痛みや痺れ、または感覚麻痺を引き起こす症状です。
飛び出してしまった椎間板は元に戻り難くなっているので、手技により元に戻りやすい状態にしていきます。
少しずつ戻していきます。  症状により自宅でのトレーニング方法なども指導しております。

膝・足

膝の痛み
膝の痛み 膝の痛みには、様々な症状があります。
その為、患者様それぞれの膝の症状に合わせた治療が必要です。
まずは、膝の状態を確認させて頂き治療方針を決めていきます。
膝に水が溜まっているという人でも、その原因は様々です。
さくら堂接骨院では一人ひとりに合わせた治療法を行っておりますので、是非ご来院下さい。
坐骨神経痛
坐骨神経痛は1回で治ってしまう軽いものから、かなり長期に時間を要するものまで様々です。
「治るはずがない」と諦めないでしっかりと原因を見つけ出し、根気よく治療していくことが重要です。
坐骨神経が、何かしらの原因によって圧迫され、「お尻」「太ももの裏」、「すね」、「足の甲」などにかけて、
感覚麻痺や痛みや痺れなどが出る状態のことをいいます。
さくら堂接骨院では神経の圧迫されている根本の原因を探し、その原因を取り去る為の施術を行います。

スポーツ障害・外傷

テニス肘
当院では患部にハイボルテージ治療や鍼灸を施し、関連している筋肉のハリを取る手技療法を行っています。
またテーピングで患部の負担を軽減させたりもしますので練習を休めない、動かしたいなどの場合にも対応しています。
突き指
動かさずに安静状態を保ち、当院にご来院下さい。
内出血,熱感、腫れなどが合った場合、すぐに冷やすようにしましょう。
腱鞘炎
手や指先をたくさん使うことがある方が出やすい障害のひとつです。
腱を覆う腱鞘に炎症が起こることで、痛みや腫れが表れ、動かす度に痛みが出ます。
原因の場所を探し出し、治療を施していきます。症状によっては手首の矯正なども行います。
足首捻挫
足首捻挫 ひどい場合には患部に腫れや痛みや内出血などが表れることがあります。
スポーツをする方の中で、最も多い怪我で、足首の靭帯が過度に伸ばされたり断裂したりします。まずは炎症を抑えるために患部を冷やし、患部に治癒を促進する刺激を加えます。

さくら堂接骨院では症状や状態により、治療法や固定法、その後のリハビリ法を使い分けています。
骨折を併発している可能性もありますので、痛くないのでと、軽視をしないで早めの受診をおすすめ致します。

肉離れ
急に筋肉を動かしたり、急激に筋肉に負荷がかかることで、筋肉の一部が損傷し痛みが伴う症状です。
ひどい場合は、肉離れをした患部が陥没していることもあります。
まずは内出血を抑えることをします。
そして、症状や状況に合わせて固定を行い、痛みが引いてきたら患部に手技療法と筋線維に刺激を加える治療を施して治癒力を促進していきます。
シンスプリント
シンスプリント 走る度に脛(すね)のラインに痛みが起こり、この症状か酷くなると、骨折にもつながる事があるので、走るときに痛みが出るようなら、早めの受診をお勧めします。
シンスプリントは別名で"脛骨過労性骨膜炎"とも言われ、走る競技をする選手によく起こる症状です。

さくら堂接骨院ではシンスプリント治療に有効な超音波治療器や手技療法を用いて施術をいたします。
痛みの原因を除去するのはもちろん、運動をする際の注意点などもアドバイスさせていただいております。

オスグット病
太ももの前の筋肉が膝のお皿の下の骨を引っ張ることで痛みが出る症状です。
俗にいう「成長痛」がこの症状です。特に小学高学年~中学生の時期に起こりやすいです。
この障害を放っておくと、太ももの前の筋肉が引っ張っている骨を徐々に剥がしてしまい、
剥離骨折までにいたってしまう場合がありますので注意が必要です。
さくら堂接骨院では症状によりテーピング法や予防法、
スポーツをする際の注意点などをアドバイスさせていただいております。